空き巣に入られない家

空き巣に入られないようにするために様々な対策をとることが可能です。
例えば敷地内に死角を作らないようにしたり、外からも見通しが聞くように高い塀で家を囲わないようにしたり。
不審者が敷地内に侵入したらセンサーライトが光ったり、防犯玉砂利で音がたつようにするのも効果的です。
また、不審者や来訪者をカメラで記録に残しておくように防犯カメラを設置するのもいいでしょうし、警備会社と契約をするのもいいでしょう。
これらはとても防犯的に効果のある対策です。

しかし、一番大事なのはやはりカギで家を守ることです。
センサーライトが光ってもおどしだと思って気にしない泥棒だって中にはいるでしょう。音がたとうが、カメラで撮られていようが気にせず侵入しようとする泥棒だって最近は増えてきました。
そんなふうに家の中に入ってこられてもし玄関のカギがかかっていなかったとしたら・・・。

そのまま泥棒はあっさり家の中にまで入ってきて室内を物色していくことでしょう。

泥棒の侵入を水際で食い止めてくれるのがカギです。
簡単にピッキングできないもので破壊にも強いカギを取り付けておけば侵入を防ぐことができます。カギさえきちんとかかっていれば高い警備会社にセキュリティをお願いしたり、防犯カメラを設置するまでもありません。

 

おすすめのサイト

鍵交換や鍵の取付は鍵屋へご依頼ください

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.